±8788(プラマイはちななはちはち)

ネパール在住のワタクシが、ほぼ7年ぶりに更新を始めます・・・。

海外安全情報 【ネパール】

5ff53560.JPG
え?こういうの撮れるの?こういうの、自分で撮れちゃうの?!・・・と思ったアナタ。そう、アナタ!!

ヤバイよ、もう、ハマリかけてる???
・・・この秋、結構空いてるらしい。


【商工会加盟店】↓のご案内はこちらから
続きを読む

海外安全情報 【ネパール】

65154c78.JPG

うを〜〜〜っ?!ナニコレ?
ヤバクね?!マジヤバクね?!コレ?!!

と思った、アナタ。そう!アナタ!!

アナタはネパールにハマル素質十分であり、かつまたその可能性が大変高く、非常にキケンです!!

トコウヲ是非検討シテクダサイ。

海外!安全!!情報!!! 【Kabukicho】

信頼できる筋によりますと、繁華街の高級飲食店での男性に対する詐欺行為が
報告されており、注意が必要です。

具体的な手口は以下の通りです。

1)日本の著名な繁華街である、Kabukicho、Susukino、
  Kokubuncho、Nagarekawa、Nakasu、などを
  きょろきょろしながら歩いていると、「そこのカッコイイお兄さん」などと
  声をかけられる。
2)これは自分のことである、と確信した男性が振り返ると、「安いよ」とか、
  「5000円ポッキリよ」などと言葉巧みに飲食の勧誘を始める。
3)男性が店に入って席に着くと、「ワタシもおビール頂いて良いですか?」
  などと、だまされても仕方ないくらいの巧妙な手口で飲み物を注文する。
4)店を出ようとして会計をすると、ビールが20本も伝票につけられており、
  2万4千円などと、法外な金額を請求される。

こうした被害を防ぐために、上記の街を歩くときは細心の注意が必要です。

1)キレイなオネーサンには、くれぐれも注意する。
2)「ぽっきり」が「ぽっきり」だったこと、ないと思う。
3)だいたい、ホントに安い店は、「安いよ」とか言わないですから。
4)ビールの前に「お」がつくだけで、値段3倍だもんなあ。
5)あんなことなら自分でセン抜いて、王冠握りしめてりゃよかった。
6)早くヨメもらえ。(・・・よけいなお世話だ)

同様のケースとして、
1)酔っぱらって寝てしまい、気づいたら路上にいて、上着がなかった。
2)自分はしっかりしているつもりだったが、一緒に行った友人が酔って
  女性コンパニオンの身体に触れてしまい、警察に突き出されそうになった。
3)目が覚めたら口中がタバスコだらけで、隣で友人が爆笑していた。
等々が報告されていますが、これは自業自得ですので安全情報ではありません。

海外では自分の身は自分で守るという強い心構えを持ち以下同文。
オトコって、アホやなあ。。。

ニート

ネパールの人たち、特にビジネスで成功している人たちは、きわめてNEAT。

ワタクシを個人的にご存じの皆さんは失笑されることでしょうが、日本の、
「背広だけは着てるが、なんかだらしない印象」のサラリーマンに比べ、
こちらの(そういうレベルの)方々は非常にオシャレです。

多分英国統治時代のインドの影響が大きいのだと思いますが、髪はキチンと
なでつけ、髭のある人は手入れを怠らず、磨いた靴を履き、プレスされた
パンツをきりっと着こなし、クールビズばりのシャツに、これがポイント、
高級(に見える)腕時計。実に堂に入った、伊達男ぶりです。

でもって彼ら、肌が浅黒く彫りも深いので、グラサンなんかかけた日にゃ、
もうホント、自分の姿を思い出してタメルの安宿あたりに潜伏したくなるぐらい、
・・・言いたかないけど、いや、ホント、言いたかあ、ないけど、ホント、
カッコイイヨ、あんたら。

正統派オトコのオシャレ、なんだな、アレがな。
ワタクシはといえば、ドッチカトイウトNEET、まあ、ネパールにも実際、
たくさん居らっしゃるんですけどね、NEETのみなさん(笑)。



西表島か?!

ネパールの方々とランチ。大体テーマも食事も終わったところで雑談。

ネパリ 「もうアレやで、王様も政治家もマオちゃんも、疲れ切って、
     みんな、どうして良いかわからへんねやで、アレ」
日本人 「へえ〜〜、でも、これからどうする???」
ネパリ 「どっかこっそり国外に連れ出して、メシでも食いながら
     話しさせたら、『オレ、これだけ話聞いて貰えば、エエわ』
     『あ、ほんならオレはこれでエエわ』って、即、解決や!」

日本人 「(笑)・・・、いや、

      それ、ホンマにありそう!

       やからコワイ・・・。

     ぢゃ、箱根の温泉宿ででも・・・」

ネパリ 「いや、そんなとこじゃなくて、どっかの島で、逃げられないとこが
     エエやろな、追い込まんと・・・」
日本人 「い・・・いりおもて???」

というわけでどなたか沖縄にゆかりのある方でネパールの平和を願う方、
クースーと島うたの力を証明するときが来ました!!乗り込みます、ボク。
仕事休んで、乗り込みますから!やりますから!!お願いですから!!!



・・・海外安全情報 【日本】・・・くどい・・・??

日本でタクシーに乗車した観光客からの報告によると、タクシー初乗りが
300ルピー、30分も乗車したらすぐに5000ルピー以上の法外な
金額を要求されることがあり、驚いたことにこれが正規料金ということですので、
(くれぐれも)以下に注意して下さい。

1)メーターは使わず、実際の走行距離と燃料代を計算し、
  交渉して値段を決めてから乗車する。
2)出来るだけ電車を利用する。ただし切符の買い方に
  気をつける。
3)料金が払えるか心配な場合は空調を止めさせ、その分
  料金を安くしてもらえないか訊いてみる。
4)どうしても利用しなければならない時は、運転手にまず
  1000円渡し、あとは実費で走行してもらえないか
  訊いてみる。

・・・ちょっと悪のりしすぎか???

海外安全情報 【日本】

日本では乗り物に乗るための切符を買うときに、自動販売機や窓口の前に
来たあとに行き先を確認しちゃったりした場合、後ろの若いのに舌打ちされたり、
足蹴にされることがあります。東南アジア諸国のように、なにはともあれ
ゆっくり待つ習慣はありませんので、以下に気をつけて下さい。

1)行き先は事前に確認し、おつりが要らないような少額の
  小銭を握りしめてから列に並ぶ。
2)自分の番が来たらすかさず行き先を告げ、お金を出す。
3)乗り物には乗らずに、歩く。

ぼこぼこにされ、お金を奪われることすらありますので、自分の身は
自分で・・・(以下同文)。

ネパール特区

ももさんのブログ見て、アレですよ、ボク、すごいこと思いついちゃいましたよ!

日本人は働き過ぎ、ネパール人は働かなさすぎ・・・なら、そうですよ、
入れ替えちゃえば?!日本人と、ネパール人。

経済特区ってホラ、小泉内閣がやってるぢゃないですか?アレの一環として、
カブレ群ネパールトックの住人5千人ぐらいと、日本のどっかの農村の人達
5千人(公募可)ぐらいと、相互移住、日本の特区はその名も「ネパール特区」。
電気無し、水無し(自分で汲みに行く)、電話無し、病院無し、その他もろもろ、
全部無し!!ダッシュ村、顔負け!!全部、自力生活!!

結構癒される人、居るかもしれません。例えば宮崎県の奥地の、ネパール特区。
午前4時頃起床、8時頃までには畑仕事も終え、あとは日が暮れるまで終日、
ぼーっとして過ごす・・・といっても、午後7時にはもう寝る時間。9時だと
深夜。ははは。楽しそうじゃないっすか?!

問題は・・・居るのか、ネパールトックに5千人も・・・???
Archives
Categories
  • ライブドアブログ